バナー001.jpg

江頭 義之:Profile

1957年京都生まれ。幼少の頃よりピアノを学ぶ。
京都市立堀川高校音楽課程(現、京都市立音楽高等学校)を経て、京都市立芸術大学音楽学部へ入学。1981年同大学、音楽学部ピアノ専修を首席卒業。以後演奏活動を開始。数々のリサイタルを開催、好評を博す。

京都音楽協会賞、大阪文化祭奨励賞、半どんの会文化賞「現代芸術賞」などを受賞。
大阪フィルハーモニー管弦楽団、関西フィルハーモニー等と共演。NHK洋楽オーディション合格。FM, AM放送に出演。ソロピアノ、室内楽、歌曲伴奏などで活躍。音楽的教養の深さと直観力、又そのピアノ演奏が醸し出す音の美しさ、情感には定評がある。

西宮少年合唱団にて自作合唱曲の発表や指揮。また、脳科学者・茂木健一郎氏とその講演のなかでピアノ演奏するなど、その音楽活動は多岐を渉っている。

ピアノを園田高弘、辛島輝治、松野稀一、元浜綏子の各氏。作曲、和声学を稲垣静一氏に師事。大垣女子短期大学、仁愛女子短期大学、神戸山手女子高校音楽科の教職を歴任。
現在、姫路大学 教育学部こども未来学科 教授。

日本音楽表現学会、日本ピアノ教育連盟、神戸音楽家協会、西宮音楽協会 各会員。
兵庫県音楽活動推進会議メンバー。西宮少年合唱団指導員。
関西二期会、日本シューベルト協会、神戸波の会、各ピアニスト。


IMG_1858.JPG